心療内科の治療代を安くしよう!自立支援医療で1割負担!


自立支援医療で負担を減らせる

こころの病気は簡単に治らない場合もあり、長期間の治療が必要になるケースもあります。長きにわたって治療代を支払うのが厳しいため、心療内科に通い続けるのが難しい方もいるでしょう。もしも、金銭的負担が治療の妨げになっているなら、治療代を減らしてくれる自立支援医療という制度があるので遠慮せずに活用しましょう。国が作った制度で、事前に申請を行うことで利用できます

負担が3割から1割まで減る

心療内科への治療代は全額支払うのではなく、保険を使うことで3割負担になっている方が多いでしょう。しかし、自立支援医療を利用すれば、3割負担を1割負担にすることが可能です。単純計算で三分の一になるため、かなりの金銭的負担を減らせるはずです。なお、減らせるのはメンタル系の治療を受けるときだけなので気をつけなければいけません。怪我や病気、そして虫歯などの治療を受ける場合は、今まで通り3割負担で治療代を支払う必要があります。

自立支援医療は簡単に申請が可能

治療代が安くなるのだから、申請するのは難しいと感じているかもしれません。また、申請しても厳しい審査があって、断られる可能性が高いと考える方もいるでしょう。しかし、自立支援医療は申請の手続きも難しくありませんし、厳しい審査が待っていることもないです。医者が書いてくれる診断書と意見書、そして自立支援医療制度を申し込むために必要な書類をゲットして国に提出しましょう。そうすれば、一ヶ月程度で、通っている病院やクリニックの治療代が1割負担になります。

名古屋には心療内科がたくさんあるので、どこのクリニックが良いか迷う事が多いです。心療内科を名古屋で受診したい場合は、ネットなどでクリニックの口コミの評価を見た方が良いです。