精神科とはどう違うの?心療内科で提供される治療を知る


心の不調が体に悪い影響を与えている場合

頭痛や吐き気、胃の不調などがある場合は、まずは内科で診察や検査をすることが多くなっています。原因がわかればそれぞれに合う治療をすることになりますが、不調を感じているにも関わらず特に悪いところが見つからないという人もいます。そのような場合は精神的なストレスや心の不調が体に悪い影響を与えている可能性もあります。内科を受診しても改善が得られない人は心療内科を受診することも考えてみましょう。精神科と同じようなイメージもありますが、精神科はうつ病や統合失調症などの精神疾患の治療がメインです。これに対して、心療内科はストレスからくる頭痛や胃の痛み、吐き気などの体の不調を治す治療がメインになっています。精神の不調が強く出ている人は精神科、体の不調が強く出ている人は心療内科を選ぶなど、症状に合わせて最適な医療機関を選びましょう。

どのような治療が行われるのか

心療内科への受診が初めてという人は、どのような治療が行われるのかも気になるのではないでしょうか。まず、初診の場合は問診がありますので、現在の症状を医師に伝えます。どのようなことでストレスを感じているのかを伝え、体にどんな不調が出ているのかを詳しく伝えます。既往症がある人や投薬中の人はそのことも伝えておきましょう。不調の原因を調べるために血液検査などが行われることもあります。治療は投薬による治療が中心になりますが、心理療法や精神分析療法などが併用されることもあります。症状がはっきりしない場合は精神科に行くべきか、心療内科に行くべきかでも悩むところですが、そんな場合は科が併設されている医療機関を選んでおくと医師が症状に合う療法を選んでくれます。

品川駅は複数の路線が通るターミナル駅なのでアクセスは良好です。立地も良く品川の心療内科はとても通いやすいです